« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

海原純子先生の講演会を聞いて

パパに息子を預けて、講演会に行ってきました。

テーマは「ストレス社会に生きる」。

私はもともとストレスをためやすい体質です。

いわゆる外では「いい人」を演じてしまいます。

嫌なことでも、人にあわせたり、演じるのが上手です。

我慢づよい、かもしれません。

人と喧嘩ができず、他人の評価がものすごく気になるタイプです。

でも、少しずつだけど、私も変わってきた気がします。

オバサン化しているだけなのかわかりませんが(笑)

ウツに陥りやすい思考回路としてあげられていたのが

①完璧主義

②1回失敗しただけで「もうダメだ」と思ってしまう心理

③先読み思考(先々のことまで考えすぎてしまう)

この3つは、予防することはできないが、自分の気持ちが落ち込んでしまったときに 

振り返って点検し、修正することができる。

具体的な対処方としては

①身体を動かす →そうすることで身体もほぐれ、心もほぐれるそうです。

②外的要件を幸せの基準にしない。

 例として、宝くじが1億円当たったら幸せか?と質問されました。

答えはNO。

1億円もらっても嬉しいのははじめだけ。「あるときはあるのが当たり前」になって、そのうちあっても幸せに感じられなくなるそうです。

この話を聞き、確かにそうかもって思いました。

今、1歳になる子供がいるけれど、この子が、なんの苦労もなく、結婚し、すぐに妊娠して生まれてきた子だったら・・・

もちろん、子供だから、大切だし、かわいいとは思うけれど、今と同じような気持ちではなかったと思うし、もっともっと子育てが大変に感じていたかもしれない。

今までの経験(第1子は早産でなくなり、第2子は不妊治療の末、流産)があるからこそ、「今は大変だけど、それはこの子がいるからこその大変なんだ、幸せなことなんだ」っ思えると思うんです。

人は満足できず、不満だらけになったとき、自分のもっているモノ、すでに当たり前のように得ているモノに目を向けてみることって大事なんだって教えていただきました。

あと、講演会で印象に残ったことは、

結婚や、仕事や、子育てや

様々なことが理由で、諦めたこと(趣味や夢や)があれば

その捨てたモノのなかから1つえらんでやってみること。

それが、その人の人生をすごく豊かにしてくれるんだよ

ということです。

これは、さっそく実行にうつしたいと思います♪

| | コメント (2)

『本田圭佑』から学ぶこと

現在、南アフリカでサッカーWCが行われている。

日本はみごとに決勝T進出。素晴らしい!!

今の日本代表の中心選手、本田圭佑選手。

私は、WCのの第一戦、カメルーン戦まで、彼のことを知りませんでした。

そして、カメルーン戦までの親善試合など、ほとんど見ていませんでした。

私自身、サッカーはもともと大好きで、、若かりしころは、高校サッカーに、はまり、毎年お正月には必ずテレビで観戦していました。

しかし。

ここ最近、特に、子供が生まれてからは、全くといっていいほどテレビでみることはなくなりました。

この前、イングランド戦だったかな、ちょこっとみて、「おっ、このキーパー(川島ね)いいじゃない~shine 川島?誰?Jリーグではどのチームにいる人?」なんて思ってみていた程度sweat01

オウンゴールで引き分けで。

その後の試合も、全然勝ててなくて。

たぶん、私だけじゃなく、ほとんどの人が日本チームにそれ程期待していなかったと思う。

そして、見事、岡田ジャパンは我々をいい風に裏切ってくれたup

その中でも、やはり、目立つのは、本田選手shine

ほんとにイケメンで素敵なんだけどshine

話し方もなんか独特で、中田ヒデを少し思い起こさせるような感じ。

そして、やっぱりプレーがいいのね。

デンマーク戦はもちろんだけど、個人的にはカメルーン戦の一点目がしびれた。

昨日のNHK『スポーツ大陸』を見て、ますます本田選手のとりこになっちゃいましたflair

本当に、精神的に、強い、タフな選手だなぁって思う。

英語は、オランダに渡ってから覚えたという。

そして、今は、言葉の通じないロシアのチームで、またポジション争いからスタートして

今に至っている。

自分の目標とする夢に向かって、努力を惜しまない姿。

時には、逆境に身を置き、自分を追い込む姿。

どうして、ここまで、苦しいことに頑張れるのだろう。

それは、やはり、本田選手がサッカーが大好きだから、ではないだろうか。

好きなことであれば、どんなに大変なことであっても、

それ程苦にはならないのではないか。

むしろ、その苦しさを楽しめるのではないか。

ここまでのレベルではないにしろ、

個人個人で「私はこれが好きだ!」と思えることを持っていると

その人は強くなり、そして、人生の苦しい局面でそのことがその人を救うような気がする。

好きなことが多ければ、その分、その人の人生もより豊かなモノになると思う。

どんなことでもいい。

絵を描くこと。走ること。歌を歌うこと・・・

なんんでもいいので、息子には、自分が自信を持って「これが好き」「これが得意」「これをやっていると気分がいい」「このことだったらどんなに苦しくても頑張れる」と思えるものを見つけてほしいなぁと思うし、私はそれをサポートしてあげたい。

子供を様々な環境におき、たくさんのことを経験させてあげる中で彼がそういうものを見つけてくれることを願っています。

| | コメント (0)

ブーム と 心配ごと

1歳になった息子の食事。

ここ最近、好き嫌いがはっきりしてきた気がします。

好きなものは、バナナ、長いも、そして、最近は、とにかく、のり!!

そして昨日からいちご。

のり と いちごを見ると、指をさして「あ~、あ~、あ~!!」と要求が激しい。

今日なんて、彼にいちごをあげて、私が自分の分を食べようとしたのに

「あ~!!あ~!!!」と「俺によこせ!!」と言わんばかりに怒り始めimpact

結局、とられました。

あと、気になることは、彼が悪くいうと、じっとしてない。落ち着きがないこと。

子供だから当たり前、なのかもしれませんが、今日は公民館で1歳の子供ばかり集まる機会があり、みんなの赤ちゃんとママはすごくいい子にスキンシップしているのに、うちの子は嫌がって、別の場所に行っちゃう。。。

大丈夫かなぁ・・・

| | コメント (0)

6月7日と新内閣

久しぶりのブログ更新。

今日、6月7日。

うちの王子はハイハイで階段がのぼれるようになったsign01

土曜日、用事があり息子を実家に預けた。

その時は、怖がってのぼらなかったらしいのだけど

今日はコツをつかんだら、一気に上まであがっていっちゃったup

で、得意になった彼は、何度も何度も階段をのぼり、そしてその後お風呂に入って

おんぶをしたら、あっという間に昼寝タイムsleepy

いつもは、おんぶしてもなかなか寝ないのに、今日はすぐに寝ちゃいました。

うちの母は「よし、今度からいつもおんぶする前に階段トレーニングさせよう」

と言っていた。

赤ちゃんてほんとに2,3日で、できなかったことができるようになったりするから、すごいなあって思う。

全然話題は変わるけど、また日本の総理大臣が変わったね。

菅さんになったら、また民主党の支持率がアップしたらしいけど・・・

う~ん、それってどうなんだろう?

どうせ、また落ちちゃうよねdown

消費者・少子化担当大臣は誰になるのかな。

はじめ は れんほう(←漢字忘れた)議員って言ってたけど、

あの方。双子ちゃんのママらしいけど、イメージとしては「ザ・必殺仕分人」なので

行政刷新担当大臣で良かったと思う。

ほんと、これからの日本はどうなっていっちゃうのでしょうね・・・。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »