その後・・・

ずいぶん、更新が滞ってしまいました。

妊娠13週目で子宮頸管無力症の疑いで、シロッカーの手術施行。

同じく18週目からは、感染の疑いあり、で管理入院。

それから産まれるまで、約半年間の入院生活。

周囲は「長い入院生活、本当に大変だったね」と言いますが、私にとっては、これ以上安心して過ごせる場所はないと思い、入院させていただきありがたかったです。

もし、産まれるまでアパートで一人過ごせ、と言われたら・・・

そちらの方が不安で仕方なかったと思います。

病院のスタッフがいて、同じ部屋の妊婦さん達ともお話ができて、こんなにいい環境はありませんでした。

入院中は、ずっと毎日、内診台にあがって、菌の洗浄をしてもらいました。

4月上旬からは、ひどい風邪をひき、それが引き金になって、張り止めの点滴(ウテメリン)をする羽目に。

5月下旬までの点滴地獄。あれは辛かったです。

36週6日に、ようやく点滴の針を抜き、そして、子宮口を縛った糸を抜くことに。

一番辛かったのは、12月のシロッカーの手術と、この糸を抜く作業。

分娩台の上にあがり、糸をとってもらう処置を受けたのですが・・・

糸がとれません。

随分早い時期に縛ったので、糸が付着?してなかなかとれない。しかも、麻酔も打たず、処置は続きます。

主治医が何度も取ろうとするのですが、全然糸が取れない。

私も我慢の限界を超えて、泣き出しました。

私が痛がるので、しばらく小休憩。

30分後ぐらいかな。また主治医、そして手術に立ち会った偉い先生もやってきて、処置再開。しかし、やっぱり取れない。

私の体力も限界に達し、結局麻酔をかけてやることになりました。(はじめから麻酔をしてやってほしかった)

目が覚めると・・・

ドクターがものすごく怖い顔をしてモニターを見つめています。

「一体、何が起きたの!?赤ちゃん、無事なんですか!?」

私はすぐさま、隣にいた助産師さんに確認しました。

「大丈夫ですよ」

そうは言ってもらえましたが、一体何が起こっているのか、麻酔がまだ半分効いている様な状態で意識もうろう。

そこでドクターから言われた台詞。

「既に2,3分おきの陣痛が来ていますが、赤ちゃんの心音が下がっているので、これから緊急帝王切開します。」

ここまできて、赤ちゃんが危ないなんて!

とにかく、どんな方法でもいいから、赤ちゃんが無事でありますように、帝王切開をお願いしました。

そして、ついに、5月25日夜。

無事に元気な男の子を出産することができました。

36週6日。緊急帝王切開にて出産。

体重 2674gの男児、でした。

結果、ドクターの話によれば、赤ちゃんの首に、比較的きつめにへその緒が二重にまきついていたそうです。

赤ちゃんの頭はずっと下だったので、経膣分娩、と思っていた出産は、最終的に帝王切開で生まれることとなり、なんだか最後までドタバタでしたが、本当に本当に無事に産まれてくれてよかった。

すべての人に、神様に感謝。そして、お空にいるお兄ちゃんも。。。ありがとう。

あれから、早2ヶ月。

育児に追われる日々は、思った以上に大変ですが、喜びも幸せもたくさん感じる日々です。

このブログはしばらく更新していなかったので、ログインパスワードを忘れてしまい、ここで報告するのが遅くなってしまいました。

育児の記録も残したいのですが、それは別のブログで書こうかな、と計画中です。

このブログを見てくれた方、読んでいただいた方、ありがとうございました。

| | コメント (4)

不育症?

先週末からの風邪が長引き、とともに、つわりもなくなり・・・

嬉しいやら不安やらで、とりあえず、風邪による体調不良で仕事を休み、

予約外で大学病院へ行ってきました。

9時の診察に間に合うように行ったのですが、緊急性はない、と判断されたのか

待つは、待つはで1時間半経過。

このまま、待っているのは、余計に体調が悪化する、と思い、「もう、帰るぞpout」と思った矢先、名前を呼ばれましたflair

私が不安だったのは、風邪という症状よりも、赤ちゃんの状態。

つわりがほとんどなくなったことで、「もしかして赤ちゃんが弱っているのでは」と

自分の体調不良も手伝って、かなり弱気になっていたのでした。

で、先生にエコーしてもらったら・・・

約3cmに成長した赤ちゃんの姿がはっきりと確認できました!

頭、足、姿形がしっかりわかるようになって、かなり人間らしくなってきました。

どんな薬よりも、元気な赤ちゃんの姿をみることが、一番の薬ですshine

しかし、嬉しさもつかの間。次なる試練がおそいかかる事にtyphoon

先日、不育外来で、念のため、血液検査した結果が、「弱陽性」の判定。

正直、「うっそ~」と思いました。

説明が難しすぎて、早くてよくわからなかったのですが、とにかく、血液が固まりやすい、とのことです。いくつか項目があるうち、抗リン脂質抗体の値は正常だった、とのことですが、もう一つの項目がちょっと高めで、数値が「17」以上だと、治療対象になる、との説明でした。私はその値が「17.1」。

うぅ。これって微妙じゃないですか?

たまたまその時の血液の値が、そうだっただけで、また別のとき採ったら違ったんじゃないの?なんて、素人は思ってしまったのですが、とにかく治療をしましょう、ということで、

どっさり薬を頂いてきましたcrying

赤ちゃんが無事に産まれてくれれば、どんなことでも耐えます。

・・・って思っていたけど、やっぱりなんだか、ちょっと不安だし、本当に必要なのって思っちゃう自分がいます。

全く頭になかった「不育症」という言葉が、自分の身に降りかかってくるとは。

不妊気味、かつ、無力症で、ただですら妊娠のハードルが高かった私に、さらに「不育」というハードルが現れました。

でも、せっかく授かったこの命。

何が何でも守りきる。絶対に諦めないよ!頑張る!

| | コメント (1)

予定日判明!

8w3d

ドキドキしながら病院へ行きました。

エコーをしながら、カーテン越しに先生がモニターを見ています。

こちらからはモニターは見えません。沈黙が長いよ。先生sweat01

そして、先生が「モニター見てください。赤ちゃん順調ですよ」の声に安心する。

今日は予定日が6月16日と決めていただき、妊娠証明書をもらいました。

やったー。嬉しい。頑張らなきゃ!

赤ちゃんが元気で育ってくれますように。育ちますように。

帰ってきてから、パパにひどいことたくさん言ってしまった。

パパ、ごめんね。

おなかの赤ちゃんもごめんね。

これからパパとママ、仲良く力合わせて乗り切らなきゃいけないのに、ごめんなさい。

でも、仲直りしたから、許してね。

今日は記念すべき日です。

21日には母子手帳shineをもらいに行って、そして、本日行ったオリモノの検査結果を聞きに再び病院へ行ってきます。

一日一日、大切に、赤ちゃんとの日々を過ごしていきます。

頑張ります!

| | コメント (0)

心拍確認!

6Wの中ごろです。

今日、はじめて3.3ミリの赤ちゃん確認!

ついでに心拍も確認!

やった~。

しずんでいた気持ちがUP!

赤ちゃんに会えただけで、すごくすごくテンションあがって、すごく元気になりました。

ありがとう。

私のおなかに宿ってくれた新しい命。

ほんとうに、大切にするからね。

ありがとうね。

神様も、ありがとうございます。

| | コメント (0)

陽性反応

10月10日(金)

生理予定日?

ダメでもいい、正直、化学流産でもいいから、受精できて、かつ、そのうえで、なんらかの理由で着床しなかった、というなら、私は妊娠できるんだ、という自信になると思い、

検査薬を試してみました。

結果は、すぐに陽性の反応がありました。

体温が下がったとき、もう、ダメだと思ったのに。

胸のはりもおさまったのに。

本当に、こんなこと、あるのか。

いずれにしても結果がでて、少しホッとしました。

これで、数日後、生理が来ても、それはそれで仕方ない。納得しよう。

そう思いました。

| | コメント (0)